◆活動テーマ2 自分史・ファミリーヒストリー・社史の取組 Feed

2019年1月11日 (金)

情景模型の専門店「さかつうギャラリー」の創業者・坂本憲二様にインタビューをしました。

東京・巣鴨の情景模型の専門店『さかつうギャラリー』。その創業者である情景模型のパイオニア・坂本憲二さんの自伝的社史『私の人生模型屋稼業』が完成しました。

2018年の初めに、2代目坂本直樹さんからギャラリー開店10周年の社史の相談を受け、目的・予算・納期に合わせた本作りのコンサルティングと、自筆原稿へのアドバイスをいたしました。 ”はじめに”の最後に「本間浩一氏の多大なるご支援をいただき、本誌出版が現実のものとなりました。」と加えていただいています。

1年かかった制作の終盤、完成前にインタビューをしました。31分の最後の数分(28分45秒から)で、なぜ創業43年のこのタイミングで自伝的社史に取り組んだか、どのようにして可能になったのかが語られます。

昭和22年(1947)・団塊の世代生まれの坂本憲二さんが、銀行員をやめて模型の通販業「サカツウ」を開業したのは昭和52年(1977)。 職場での仕事が順調にこなせるようになったころ、本当に自分がしたいことは何なのかを考える中で子どものころにのめり込んでいた模型作りの楽しさが蘇ってきたそうです。

その後、世の中の景気やご自身の病気などの事情で店舗の業態や取扱商品も変遷していきました。 平成20年(2008)に開店した「さかつうギャラリー」は、模型マニアにとってんの主役である鉄道や自動車ではなく、より多くの人に楽しんでもらう「情景模型」に特化しています。 「さかつうギャラリー」は、情景模型作家も様々な形で応援をしており、店舗では定期的に作品の展示が行われています。

180828

2018年12月14日 (金)

『私の人生模型屋稼業』 お手伝いした自伝的社史が完成

東京・巣鴨。情景模型のパイオニア・坂本憲二さんの自伝的社史が完成しました。100部限定の『さかつうギャラリー43年を振り返る 私の人生模型屋稼業』。お店にうかがい私個人用と紹介用に二冊頂戴してきました。

Img_2498


1977年に銀行を退職して鉄道模型を中心とした通販「サカツウ」を創業、様々な新しい取り組みを経て、2008年には情景模型に特化した「さかつうギャラリー」を東京・巣鴨で開店。

今年初めに、2代目直樹さんからギャラリー開店10周年の社史の相談を受け、目的・予算・納期に合わせた本作りのコンサルティングと、自筆原稿へのアドバイスをさせてもらいました。”はじめに”の最後に「本間浩一氏の多大なるご支援をいただき、本誌出版が現実のものとなりました。」と加えていただきました。

店舗・通販の仕組みをお持ちなのが強みです。
本は、さかつうギャラリーの通販で購入できます。

8月には執筆した感想もビデオで撮影させてもらいました。現在編集中です。

2018年12月 6日 (木)

「伝わる企業DNA」を集中インタビューで実現する『経営物語』

企業DNAのバトンを次の世代に渡すには、心に語りかけるストーリーが必要です。

経営者向けの集中インタビュー『経営物語』がお手伝いできます。

2018年6月17日 (日)

「自分史活用アドバイザー認定講座」(第62回 東京・渋谷)を開催しました

180617dsc03846

180617dsc03998ss_2


一般社団法人自分史活用推進協議会の自分史活用マスターとして幹事となり、「自分史カフェ」運営で第62回認定講座を渋谷で開催しました。3人の自分史活用アドバイザーの協力を得ました。

講師としては第1章、第8章を担当しました。自分史活用を推進する仲間がまた増えました。

http://jibunshicafe.net/adviser20180617/

2018年2月24日 (土)

追加のワークショップをしました。 企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

2017年12月16日(土)~2018年2月25日(日)
群馬県立歴史博物館 
第94回の企画展
「昭和なくらし、そしてスバル。」

終了前日にオープン形式で追加でワークショップを開催しました。

▼2018年1月14日(日)14:00~15:30
ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」

3か月にわたって開催された企画展は、この日で入場者数が1万人を突破しました。

計画を上回るご来場をいただきました。

2018年1月22日 (月)

2回目の「自分史フェスティバル in 前橋」を開催しました。

2013年にスタートした自分史フェスティバル。2017年4月には、私の故郷・前橋で全国キャラバンとして第1回を開催できました。

今回の第2回は、第1回でつながった地元の方々との関係も活かし事前広報など準備にも時間をかけることができました。


In


たった一枚から自分史を始める。

ファミリーヒストリーを体験しよう。

  • 家系図を作りたいと思っている人
  • 自分史を作りたいがなかなか手につかない人
  • NHKの「ファミリーヒストリー」を楽しみにしている人
  • 昭和の情景の写真や映像で心が動かされる人
  • 親のこと、祖先のことを知りたいと思っている人

そんな方々に実物体験できる展示と体験講座を行います。

古い写真や日記、手紙、そしてかすかな記憶。断片に過ぎなかった資料の整理やルーツの地への旅を通して、あなたの歴史と家族の物語が明らかになっていきます。焦らずに、まずは一枚を書き始めることで記憶の風景が広がっていきます。

前橋での開催は、今回が2回目になります。前回の様子はこちらをご覧ください。

170402DSC06362前回(2017/4/2)の展示風景

■日時 

2018年1月20日(土)  12時-17時

2018年1月21日(日)  11時-16時

■会場 

DiPS.A(ディップス朝日)2階  

171121DSC01072

〒371-0846 群馬県前橋市元総社町70-1 

最寄駅は、JR新前橋駅

■内容  

展示 「一枚の自分史」100枚、「365枚の自分史絵葉書」(収集継続中)

セミナー「家系図をつくろう」(両日とも2回。13時、15時から45分。)

体験コーナー「自分史目次づくり」(適宜実施)

体験コーナー「一枚の自分史執筆体験」(適宜実施)

■共催  

自分史フェステイバル in 前橋 実行委員会  

一般社団法人自分史活用推進協議会

■協賛 

朝日印刷工業株式会社

家樹株式会社

人間力をたがやすワークショップ『自分史カフェ

■後援 

上毛新聞社

170402mDSC06345前回(2017/4/2)のワークショップ風景

2017年12月23日 (土)

記念セミナーの講師をしました。 企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

171223bimg_6172

▼2017年12月23日(土)14:00~15:30
記念セミナー「昭和の家族の情景から絆を再発見する」


2017年4月に実行委員として開催した「自分史フェスティバル in 前橋」がきっかけとなって、この企画展の展示指導をさせていただくことになり、記念セミナーの講師もつとめました。

2017年12月16日(土)~2018年2月25日(日)
群馬県立歴史博物館 
第94回の企画展
「昭和なくらし、そしてスバル。」

他に、記念ワークショップの講師もつとめました。

▼2018年1月14日(日)14:00~15:30
記念ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」

「博物館」と「自分史」という私の主な活動テーマがクロスする機会になりました。

2017年12月16日 (土)

展示指導をしました。 企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

Photo


2017年4月に実行委員として開催した「自分史フェスティバル in 前橋」がきっかけとなって、この企画展の展示指導をさせていただくことになりました。

2017年12月16日(土)~2018年2月25日(日)
群馬県立歴史博物館 
第94回の企画展
「昭和なくらし、そしてスバル。」

あわせて、記念セミナー、記念ワークショップの講師もつとめました。

▼2017年12月23日(土)14:00~15:30
記念セミナー「昭和の家族の情景から絆を再発見する」

▼2018年1月14日(日)14:00~15:30
記念ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」

「博物館」と「自分史」という私の主な活動テーマがクロスする機会になりました。

2017年10月18日 (水)

日本橋三越本店で『家族物語』イベントを開催しました。

10月11日(水)から17日(火)の7日間、日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェで開催されました『家族物語 はじめてのファミリーヒストリー』は無事終了しました。

NHKの番組で話題になっている「ファミリーヒストリー」。2015年、2016年と日本橋三越本店で開催してきた「自分史フェスティバル」を今年2017年は趣向を変えてファミリーヒストリーという切り口のイベントとして企画・開催しました。

3つのテーマ展示と13のセミナー/ワークショップをたくさんのお客様にお楽しみいただきました。

春先から三越様との調整を重ねてきた3名の中の1名として活動してきました。中でも特にジオラマと家系図についての展示・販売にご協力いただける企業の探索から企画・運営に注力してきました。また、セミナー2つ、ワークショップ2つの講師も担当しました。

展示・販売した商品につきましては、引き続き「はじまりのカフェ」にお問合せください。

◆展示会場  

1/10駄菓子屋、1/150の昭和の下町などのジオラマ展示をたくさんの方が足をとめてご覧になっていました。

DSC00215

DSC00419

◆講座風景

オープニングセミナー『ファミリーヒストリーを残す意味』、他

DSC00152

◆展示 『物語を残す』   

自分史作成サービス、365枚の自分史絵葉書など

DSC00271

◆展示 『ルーツを辿る』  

家系図作成サービス、ルーツの地の調査サービス等

DSC00270

◆展示 『肖像を形に』 

家族絵巻物、家系図軸物、今昔写真の作成サービスなど

DSC00243

◆ワークショップ 

『模型で味わう家族の情景』や、家系図・自分史の作成体験講座など

DSC00177

2017年8月 2日 (水)

「自分史活用アドバイザー認定講座」(第51回 東京・渋谷)を開催しました

170618dsc07820_2

一般社団法人自分史活用推進協議会の自分史活用マスターとして責任者となり、「自分史カフェ」運営で第51回認定講座を渋谷で開催しました。3人の自分史活用アドバイザーの協力を得ました。

講師としては第1章、第8章を担当しました。自分史活用を推進する仲間がまた増えました。

http://jibunshicafe.net/adviser20170618/