全日本博物館学会第45回研究大会で研究発表をしました


発表順(30)

<発表タイトル>

「 博物館のテキストによるコミュニケーションのデータ分析 」

<要旨>

■ 研究の概要

目的
博物館と社会との間のコミュニケーションの相対的な評価

対象
インターネット上の、主にはウェブサイトのテキストによる発信情報。
2009年と2019年の10年間の変化。
「博物館」と「大学」の比較。

■ 内容

  1. 博物館のウェブサイト 10年間の変化
    2009年発表の論文、比較対象先は「図書館」
  2. 現在の状況の概観1 
    ウェブサイトをめぐる技術の変化と博物館の対応状況
  3. 現在の状況の概観2 
    比較対象先「大学」
  4. テキストの分析の試行
    国立科学博物館のメールマガジンの10年間の変化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA