5年間の研究の最終報告書が届きました

科学研究助成事業/基盤研究S

「知の循環型社会における対話型博物館生涯学習システムの構築に関する基礎的研究」

5年間の成果が最終報告書にまとまりました。

(上の冊子。下の冊子は2年前の中間報告書。)

Img_1316

1年5ミリ300グラムの堆積。

5年間のプロジェクトの青い最終報告書が届きました。厚さ30mm,1531gでした。2年前の薄青の中間報告書は18mm、998g。納得感の「見える化」に厚み重さが欠かせないのは物理制約に生きる人間の性でしょう。

研究協力者として末席で参加させてもらい、国内外百人ちかい博物館関係者から学びました。報告書の一部も執筆させてもらいました。年度末、新たなステージへの異動や転職連絡も含む挨拶メールが次々届きます。

ミュンヘン、プラハ、ミラノ、ニューヨーク、ワシントンDC、台北、台中。そして、会議や見学でうかがった旭川から福岡までの数十館。一般訪問者では入れないバックヤードも見学し、議論・対話を重ねてきました。

国立科学博物館の小川さんにお誘いいただき一般人として稀有な体験をさせてもらいました。引き続き、個人にとっての生涯の博物館体験の研究を個人的にすすめていきます。

小川義和(研究代表者). 2017. 『知の循環型社会における対話型博物館生涯学習システムの構築に関する基礎的研究. 課題番号 JP24220013. 平成24年~28年度 科学研究費補助金 基盤研究S 研究成果最終報告書』. 国立科学博物館, 東京.

報告書は、PDFでご覧いただけます。

群馬県前橋市で「自分史講座」の講師をしてきました。

1_m170307a_2

前橋市消費生活センターの依頼で、自分史活用アドバイザーとして自分史講座の講師をつとめました。

Mdsc05689

会場は、子どもの頃に街の中心だった「前三百貨店」(三越が支援)の跡地に建てられた前橋テルサという施設です。私自身の「一枚の自分史」を紹介しながら数十人の参加者にご自身の思い出を文章にしていただきます。会場となったホテルの宴会場は20年ほど前の中学時代の同窓会以来でした。

講座の前に周辺のアーケード街を見て回りました。シャッター街の中に見つけたのは、高校時代に始めてサッカーのスパイクを買いにいったスポーツ用品店でした。

再活性のための出先機関などで新しい息吹を感じつつ、まんが「前橋の歴史」を発見。新幹線もとまる交通の要所・高崎ではなく前橋が県庁所在地になった経緯を初めて知りました。想いをもった先人がいて歴史が刻まれてきたのだと、自分の出身地で学びます。

Profile, Koichi Homma

10389136_774575842579097_2217870311

Degree

    Research activities

    I’m interested in the extension of the feature of the museum in the society.

    Research subject

    The investigation and the analysis of the action of the user who visits more than one museum especially.

    Business activities

    • Consulting to educational or medical organization

    Managing director, Directors Paradise Inc. (Japanese)

    analysis and the improvement of the business process
    design and the development of the information system

    • Consulting to company

    Executive consultant, Collabo PLan (Japanese)

    Social activities

    • The area of the individual history
    • The support of the contributory activities to the area of the art and science

    Profile in japanese

    自分史フェスティバル in 渋谷 を二日間開催しました

    副理事長をつとめる一般社団法人自分史活用推進協議会が、2013年から毎年夏に開催している自分史のおまつり「自分史カフェ」の地域版を、12月24日(土)、25日(日)の二日間、渋谷で開催しました。

    http://www.jibun-shi-festival.net/2016sb-top.html

    全国キャラバン渋谷ラウンド実行委員会の責任者として、企画・運営を行い、あわせて12のセミナーやワークショップと、「一枚の自分史」約70枚の展示を行い、多数ご来場いただきました。

    161224dsc04386

    日本橋三越本店で開催された「自分史フェスティバル」で、”ブロックで家族新発見!”ワークショップを開きました

    160918dsc02546

    1週間にわたって東京・中央区の日本橋三越本店7階はじまりのカフェで開催された「自分史フェスティバル2016」において、レゴ[E:#x1F12C]を使って家族や仲間の相互理解を深めるワークショップを行いました。

    詳しくは、 http://www.jibun-shi-festival.net/2016nm-ws-18-2.html をご覧ください。

    国際シンポジウム「ともに成長する博物館」で、PCALiシステムの成果を報告しました。

    https://www.kahaku.go.jp/event/2016/09sympo/

    報告Ⅰ
    対話型学習プログラムデータベース(PCALi)システムについて

    2016年9月10日(土) 12:50-13:10

    国立科学博物館 日本館2階 講堂

    シンポジウムの2日目。米国のJeffrey Rudolphさん(カリフォルニアサイエンスセンター)、欧州のHannu Salmiさん(ヘルシンキ大学)がそれぞれ数十年にわたるお取り組みの成果を基調講演でお話しされたのに続き、国内20数館が連携して5年間取り組んできた対話型学習プログラムデータベース(PCALi:ピカリ)システムの成果を報告しました。

    博物館の学芸員や教育普及担当者と、一般市民が、システムで参照できる学習プログラムの情報にどのようにアクセスしているかを実績数値をもとにまとめました。

    基調講演のお二人からは、新たな取り組みに対する評価をいただくと同時に、取得できたアクセスデータがまだ限定されており全体像を議論するにはまだ不足しているので慎重な分析が必要だとアドバイスをいただきました。

    160910img_6767

    「自分史活用アドバイザー認定講座」(第40回 東京・渋谷)を開催しました

    160827mdsc02207_3

    一般社団法人自分史活用推進協議会の自分史活用マスターとして責任者となり、「自分史カフェ」運営で第40回認定講座を渋谷で開催しました。4人の自分史活用アドバイザーの協力を得ました。

    講師としては第1章を担当しました。自分史活用を推進する仲間がまた増えました。

    http://jibunshicafe.net/adviser20160827/

    『自分史フェスティバル2016』公式サイト/facebook (2016年)

    公式サイト http://www.jibun-shi-festival.net/2016top.html

    facebook https://www.facebook.com/jibunshifestival

    ウェブサイトの企画、設計、作成、運用。集客(複数イベントで合計で推定 1万人超)に貢献。

    実行委員会の広報委員メンバー/自分史活用アドバイザーとしてサポート。

    ”自分史カフェ”で、ワークショップ「ブロックをつかって自分を発掘する」をファシリテートしました

    160529dsc00033

    160529dsc00086

    2016年5月に、LEGO®︎ SERIOUSPLAY®︎トレーニング修了認定 LSPファシリテータとなりました。

    早速、レゴ[E:#x1F12C]シリアスプレイ[E:#x1F12C]の手法を用いた自分史ワークショップを企画し、「自分史カフェ」の月例ワークショップで実施しました。

    詳しくは、 http://jibunshicafe.net/lsp-160529/ へ。

    慶應丸の内シティキャンパスの新学習サービス『クロシング』の開発

    慶應丸の内シティキャンパスの新学習サービス『クロシング』のご案内

    慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)では、2016年度よりネットを活用した新しい学びのサービス『クロシング』の提供を始めました。

    このサービスの企画、設計、システムの開発を担当し、2016年4月にサービスを一般公開しました。その後も、サービスの運営に携わり、ネット上のディスカッションのファシリテーションを行っています。

    動画でサービスの概要を紹介します。

    開発過程(慶應MCCの責任者による説明。話の中で私も登場します。)

    慶應MCC「クロシング」が生まれるまで